敬老の日の由来について紹介

2013y09m13d_171935921

あなたは敬老の日の由来をご存知でしょうか?敬老の日といえば9月の秋ですが、なんで9月に敬老の日が設定されているのでしょうか?敬老の日は国民の祝日の一つになっています。詳細は下記よりご覧ください。

敬老の日の趣旨は「長年社会につくてきた老人を敬愛して、長寿を全うして頂く事を願う」というのが敬老の日の趣旨になっています。

私の年代では生まれて物心つく前にはすでにあった祝日だったので、結構古い祝日なのかなと思ったのですがそこまで古くないようですね。

元々は1947年の兵庫県の一つの小さい村からできた「としよりの日」が起源になっているみたいで、そこから全国に広まって国民の祝日になったみたいですね。

ただ「としより」という表現がよくないと言われて「敬老」と改まったみたいですね!

それにしてもなんで9月になったのでしょうかね?

元々は毎年9月15日を敬老の日としていたが、2001年(平成13年)の祝日法改正いわゆるハッピーマンデー制度の実施によって、2003年(平成15年)からは9月第3月曜日になったようです。

9月15日が敬老の日となった由来は諸説ありますが、一番有力なのは「聖徳太子が四天王寺に悲田院を建立した日」という事になっています。

こうして聞いてもしっくりとしませんよね?聖徳太子とそんなに関連性が濃いとは言えませんし。おそらく発祥が兵庫県の小さい村なので、おそらく本当の理由は誰も知らないのではないでしょうか?

少し調べてみると農閑期で気候のいい9月中旬にしようという説がありますが、個人的にはこちらが有力だと思います。兵庫県のその村の人も、まさか後々に国民の祝日になるとは思ってなかったと思うので、深く考えずに設定したように思います。

そうは言ってもそのおかげで祝日があるのですから、ありがたい事ですね!

ところで敬老の日のプレゼントは決まりましたか?

敬老の日のプレゼントの代金や副業感覚で収入を得ようと思っているなら下記の方法が非常におすすめです。ちなみに私は月に10万円くらいを稼ぐことに成功性しています。

私の副業実績を左のサイドバーにも紹介しているのでもしよかったらご覧になってみてください。

収入アップとお小遣い増加をするなら自宅で手軽にできる副業がオススメです。

 

 

 

コメントを残す